起業

1/3ページ
  • 2022.05.23

源泉徴収の事務と年末調整について

会社が給与を支払うときは、一定の源泉所得税を徴収してから支給しなければいけません。徴収した源泉所得税は、会社が国へ源泉徴収額として納付します。 扶養控除等申請書で扶養者の数を把握する 会社の従業員は、毎年扶養控除を受ける家族の氏名、生年月日などを記載した「扶養控除等申請書」を会社に提出します。この申請書をもとにして、会社は扶養者の数を把握します。 源泉徴収事務をする際には、扶養控除等申請書の提出が […]

  • 2022.05.23

法人税のほかに事業税と住民税がある

法人事業税は、法人の事業そのものに対して課税される税金で、各都道府県に対して納付する地方税です。法人事業税は、法人税と同じように会社の儲けに対して一定の税率を掛けて計算します。 事業税は、翌事業年度の費用になる 事業税の税率は、各地方により異なるので、必ず確認が必要です。なお、小さな会社には、所得金額に応じて3段階の軽減税率が適用されます。法人税の計算では、事業税は、地方法人特別税とともに翌事業年 […]

  • 2022.05.23

交際費と役員給与のルールを知る

営業活動の現場では、取引先の役員や使用人を接待するための費用(交際費)は、必要不可欠な支出です。しかし、健全な取引敢行という立場から見た場合、決して好ましい支出とは言えません。そこで、会社の無駄遣いを制御するために交際費の支出は、課税対象となっています。言い換えると、交際費の支出があるたびに、実質的に税金の負担額が増えていくということに繋がるので、交際費になるかならないかは大きな問題となります。 […]

  • 2022.05.23

会社の経費を分析する

会社の経営に必要な経費の中で家賃のように売り上げ高の増減にかかわらず発生額が一定の費用を「固定費」と言います。毎月の売り上げが最低限この固定費をクリアしていなければ、会社は、大赤字になってしまいます。一方、商品原価や広告費などのように、売上高の増減に応じて発生額が変わる費用を「変動費」と言います。 これは、売上がなくても必ず支出する費用ではないので、会社の業績に合わせた経費の使い方ができ、変動費を […]

  • 2022.05.23

領収書は、きっちりと保管する

領収書は、「会社に必要な経費を支出しました」という証拠書類になります。 この領収書がなければ、それに代わるものが必要になります。現金で支払った際には、相手方から必ずもらうようにしましょう。現金出納帳に記載する際に元になるのが、この領収書です。領収書は、10年間大切に保管しておかなければなりません。 つまり、領収書は、大切な証拠書類ということです! 個人的費用は、経費にならない 領収書があったとして […]

  • 2022.05.23

必要な帳簿を準備する

会社は、営業活動によって利益が出た場合その利益に基づいて算出した税金を国に納付します。 どれだけの利益が出たのか、会社の財産状態はどうなっているのかなどを把握するために損益計算書や貸借対照表を作成します。これらの資料を作成するために日々帳簿していきます。 利益と財産状態を把握するために帳簿を作成していきます! 現金出納帳に記録する 銀行口座を通して出し入れしてお金は、通帳に記録が残りますが、銀行口 […]

  • 2022.05.23

資本金について】資本金は、1円からできる。けども…

会社法施行によって資本金が一円の会社もできるようになりました。しかし、取引先が登録簿で会社の資本金の額を確認することもあります。会社の信用に影響することなので、会社の「必要資金」相当額は資本金としておく方がいいです。また、業種によっては、一定の資本金の額が許認可の要件となっていることもあるので、許認可申請の予定があるときは、あらかじめ調べておく必要があります。 許認可が必要な事業については、こちら […]

  • 2022.05.23

【事務所をどこに置く】本店所在地を決める

本店の所在地が決まると、その管轄の法務局に登記申請をすることになります。商業登記事務の集中化が進められており全ての法務局が商業登記事務を取り扱うわけではありません。管轄法務局を確認することは、必ず必要です。 本店の移転はお金がかかる 会社設立後に本店を移転すると変更登記をしなければなりません。同一の法務局の管轄内で移転するときは、本店所在地の法務局へ登録免許税3万円支払います。本店を異なる管轄の法 […]

  • 2022.05.23

【株式会社の仕組み】発起人が会社を作る

株式会社の仕組みは、至って簡単な仕組みによって成り立っています。 例えば、1000万円の資金が必要な事業をしたいときに1人で1000万円を出したり銀行から1000万円を借りたりするのは、大変です。 そこで、このようなやり方を行います! ①10人から100万円ずつ集める②お金を出資してくれた人には株主になってもらう③会社の利益が出たら株主に配当する これが最も簡単な株式会社の仕組みです。要は、株式会 […]

  • 2022.05.23

【会社設立の必要費用】会社は、30万円あれば設立できる

昔に比べて電子認証ができるようになったたり、最低資本金の規制が廃止されて資本金1円が認められてことにしたことにより会社設立のための費用も少なくて済むようになりました。 現在会社設立する際にかかるお金としては ・定款印紙および認証手数料90000円(電子認証にすれば印紙代4万円は不要)・登記150000円〜・印鑑代10000円・登記事項証明書代など 1650円〜2700円 約26万円かかります。 ま […]

1 3