退職する

就職・転職をいざしてみたら「思っていた会社と違う」「自分に合わない」などの問題も出てきます。そんな時は、勇気を出して退職をしましょう。

実は、当サイトを運営してる私自身も転職をしたら思っていたのと全然違くて一ヶ月で退職をした経験があります。就職・転職は、キャリアップできる良さもありますが、合わなかった場合は、自分を苦しめることにもなってしまいます。

もし入社してすぐに「この会社合わないな」と感じた場合、なかなか入ってすぐに退職を切り出すのは、勇気がいることです。そんな時には、退職代行も利用してみるのも一つの手です。

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

何よりも自分の掛け替えの無い時間を大切にしていきましょう。

【退職代行ガーディアン】とは
退職代行って高いんじゃないの?そう思う方にも安心。

退職代行ガーディアンは
【低費用、そして、簡単確実に退職できる】のが売り。

さらに一般法人は退職日交渉すらできないのでトラブルになり損害賠償や懲戒解雇にされるケースの可能性も。だから依頼するなら弁護士(手続き面倒で高い)に頼むか法適合の労働組合が一番。
その点で退職代行ガーディアンは、東京都労働委員会認証の合同労働組合です。
🔻🔻🔻

退職代行とはどのようなサービスなのか?

退職代行は本人に代わって弁護士や代行業者が会社に退職の意思を伝えるサービスです。退職を会社に伝えたところ、上長から『執拗に引き留められたり』『今辞めたら損害賠償請求する』などの脅迫や嫌がらせを受けたりするような経験や話を聞いたことがあると思います。

そのような会社が簡単に辞めさせてくれないという悩みを持った方の代わりに、退職届を提出するのが、退職代行サービスです。

退職代行サービスが若者に支持されている理由

民法では、雇用期間の定めのない者は2週間前に退職を伝えれば、いつでも退職できるとあるのは、ござんじですか?

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
引用元:民法第627条

それなのに、なぜ退職代行が支持されているのか。

それは、ブラック会社に勤めたことがある人ならわかると思います。

辞めたいと思っているのに引き止められる・何かと言われるなど「退職」を伝えることで引き起こる様々な弊害を経験したくないからでしょう。私自身も冒頭で書きましたが、転職してすぐに退職した経験があります。その時も退職に至るまでに上司との面談で「ここで頑張れないのならどこ行っても通用しない」など言われたり飽きられた表情をされたり、気分が良くなかったです。その後も様々な手続きがあり、辞めるまでの間会社に放置される時間は、周りからの目も痛いし、正直息苦しく早く出ていきたいという気持ちでした。

私が転職してしまった企業は、あまりのブラック会社だったため、多くの人が退職していましたが、私と同期で入社した方は、入社して2週間ぐらいで「就職代行」を利用して退職していました。

このように退職すると決めると「めんどくさい一連の流れ」があります。そのめんどくさいを一気に省くことができるのは、退職代行のいいところでしょう。

まとめ

退職代行は、今の自分の現状・心の状態などと相談して利用するかは、考えてみてください。入社して早期で退職する場合は、精神的負担も大きいと思います。自分でケジメをつけるという方は、自分で話し、ちょっともう精神的にきついという方は、「退職代行」を利用するのも一つの手です。限りある時間を大切に過ごしましょう。