就職・転職をする

就職・転職を考えた時どのように求人を探していますか?

Googleで「転職」「就職」などと検索するとたくさんの求人を掲載しているサイトや求人情報が出てきます。

転職などを本気で考えていたら失敗したくないですよね。

そこで、今回は、転職サイトの失敗しない選び方をご紹介していきます。

転職サイトは、以下の選び方を基準にすると、失敗せずに最適なものを選定できます。

  • 選び方1.「エージェント型」or「求人広告型」で選ぶ
  • 選び方2.キャリアに合わせて選ぶ
  • 選び方3.職種などのこだわりで選ぶ

選び方1.「エージェント型」or「求人広告型」で選ぶ

転職サイト選びは、まず「エージェント型」「求人広告型」のどちらを利用するのかを選択することから始めます。

「エージェント型」

担当のキャリアアドバイザーがつく転職サイト。転職活動は担当者と二人三脚で進めて転職活動をしていきます。職務経歴書の書き方や面接のアドバイスなどもしてくれます。
(例):『リクルートエージェント』『dodaエージェント

「求人広告型」

求人広告が掲載されている転職サイトで自分に合いそうな求人に応募して進める。転職活動は一人で行っていきます。
例:『リクナビNEXT』『doda

本気で転職を考えていて、転職成功率を高めたいなら「エージェント型」の利用がおすすめです。

転職サイトを見ていると、「30代向けの求人がかなり少ない」「良い条件の求人が見つからない」と感じる方もいるはずです。

実は、30代になると転職サイトには公開されない「非公開求人」の割合が増えてきます。

20代の時は、一般社員の募集が多いのですが、30代の方が希望する事業責任者や管理職の募集はあまりない為です。求人に管理職などの募集があまりないのは、事業責任者や管理職は、会社の経営戦略上において重要なポジションだからライバル企業には知られたくない。だから転職サイトには公開されない「非公開求人」になります。

このような非公開求人に出会う方法が転職エージェントから紹介してもらうのが唯一の方法なのです。

30代でこれまでの実績を生かしてキャリアアップしたい人は、転職エージェントから非公開求人を紹介してもらうのが転職成功のカギです。

このような理由から、転職成功率を高めたいなら「エージェント型」の利用がおすすめです。

選び方2.キャリアに合わせて選ぶ

キャリアップを目指す

キャリアアップとは、「より高い能力を身につけて、経歴を高めること」を意味します。例えば、次のようなケースがキャリアアップに該当します。

  • マネジメントに携わる
  • 部長や課長へ昇格・昇進する
  • 転職によって年収が上がる
  • アルバイトや派遣社員から正社員になる
  • 独立・起業する

マネジメントを経験したり、役職や地位が向上したり、非正規から正規へと雇用形態が変わったりとパターンはさまざまですが、いずれの場合も仕事の幅や裁量が広がり、経歴が高まっています。

またキャリアアップすることで、自分の市場価値も高まります。キャリアアップを目指して転職する人は多く、現職より高い収入やポジションへの転職は「キャリアアップ転職」と呼ばれています。

キャリアチェンジとは 

キャリアチェンジとは、それまで経験してきた業務内容から、経験のない業務内容に変える(変わる)ことを指します。 多くの場合、現在の仕事をやめて、未経験の業種・職種の仕事に挑戦することになります。

また、完全に未経験の業種・職種に挑戦することだけではなく、同じ業種で別の職種に挑戦すること、同じ職種で別の業種に挑戦する場合も含みます。

<キャリアチェンジのメリット・デメリット>

仕事における希望をかなえられることも

キャリアチェンジは、自分の希望する業種・職種 の求人に応募し、採用されることを目指す場合が多いです。

そのため、キャリアチェンジのための転職をすると、自分の希望する業種・職種の仕事に就くことになります。

転職の前と後のギャップがなければ、キャリアチェンジには仕事へのモチベーションが高まる、やりがいを強く感じるというようなメリットがあります。

給与は下がることもある

キャリアチェンジ前は、それまでの経験・スキルが高く評価される業種・職種の仕事をしているのに対して、キャリアチェンジ後は未経験の業種・職種の仕事をする場合が多いです。

経験やスキルの熟練度・評価は、キャリアチェンジ前の方が高く、そのためで給与もキャリアチェンジ前の方が高くなる場合が少なくありません。

選び方3.職種などのこだわりで選ぶ

業界リサーチをして自分の挑戦したい業界を見つけるのも一つです。どんな業界の中でもキャリアップを目指す場合は、管理職などを目指すのが、良いでしょう。

業界については、様々な業界を知るにまとめてあるので、是非業界リサーチする場合の参考にしてみてください。

業界サイト名特徴
保育士の転職なら、保育士特化型転職支援【イクシィ】 イクシィ(IXYEE)の転職支援は、転職希望者のご登録スタートからご入社まで全て無料のサービス。
さらにイクシィを利用して転職・就職をされた方には入社お祝い金として業界最高基準の15万円を進呈(進呈基準あり)
◆こんな人にオススメ◆
・保育士資格・幼稚園教諭資格・看護師資格をお持ちのかた。
・より良い働き方を目指して転職をお考えの保育士・幼稚園教諭・看護師のかた。
・離職後ブランクが有り、復帰に不安があるかた。(まずは時短勤務から復帰したい!など)
・大学や短大の保育科、保育専門学校を卒業見込で就職サポートを受けたいかた。
・転職前に第三者のサポートを受けながら就職先を探したいかた。
障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】 大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップ
障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポート。転職成功への第一歩は、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)にあります。お一人おひとりの状況に合わせた転職活動をサポートいたします。
◆こんな人にオススメ◆
障害者手帳をお持ちで就職・転職をお考えの方。
年収UP率93.8% / 平均年収UP額126万円のエンジニア転職サイト【転職ドラフト】 転職ドラフトは年収UP率93.8% / 平均年収UP額126万円と圧倒的な年収UP率を誇るイベント型のエンジニア向け転職サービス
毎月1回開催され、厳選された優良IT/Web系企業約150社からダイレクトスカウトを受け取ることができます。
◆こんな人にオススメ◆
・経験年数1年以上のIT/Webエンジニアの方
・20代中盤〜40代前半
・関東(東京 / 神奈川 / 千葉 / 埼玉) 関西(大阪 / 京都 / 兵庫 / 愛知)