資格で転職

資格があれば、スキルや知識を持っていることを証明できます。そのため、資格は転職に有利といわれていますが、メリットはそれだけではありません。転職活動をするにあたって、資格を持つことによって生まれるメリットをご紹介します。

応募できる企業が増える

資格が条件となっていることは珍しくありません。不動産会社であれば「宅地建物取引士」、IT企業であれば「PMP」のように資格を持っていることを歓迎要件にして募集している企業はたくさんあります。資格を持つと、より多くの企業に応募することができます。

自分の能力を証明できる

採用担当者は限られた時間のなかで、多くの応募書類に目を通して書類選考を行わなければなりません。そのため持っている資格を記載すれば、客観的に自分の能力をアピールでき、採用担当者の印象にも強く残ることもあります。

学びに対して意欲的な人材だと印象づけられる

資格を取得するためには、多くの場合時間を確保してエネルギーを注ぐこととなります。つまり、資格を持っているということは、自分の能力やキャリアを磨くことに意欲的な人材であると判断してもらえるのです。採用担当者に好印象を与え、採用される可能性も高まるでしょう。

独立開業・定年後にも有利な資産になる

資格は転職に有利なだけではなく、一生の資産になりうるものや独立開業が可能なものもあります。とくにその資格がないとできない業務独占資格の場合、優位性は高くなるでしょう。

何の資格を取得するか

資格は、さまざまな分野・業界にたくさんの種類があります。その為資格の中にも比較的簡単に取得できるものもあれば、1年以上の勉強が必要なものまであります。自分の挑戦したい業界・キャリアップしたい業界から逆算して資格を取得することができれば、その業界でいち早く活躍することできる人材にもなるでしょう。

そこで、今回は、数多くの資格の中からオススメの資格をご紹介していきます。

保険・金融業界の転職に有利な資格

保険・金融業界では専門性の高い知識やスキルが求められます。保険・金融業界へ転職するにあたって、持っていると有利な資格について紹介します。

ファイナンシャルプランナー

家計のホームドクターとしてニーズが高いファイナンシャルプランナーは、金融機関や会計事務所はもちろん。コンサルタント会社などでも必要とされる注目資格。AFP試験とCFP®試験(上級)があり、高度な専門知識と厳しい倫理観が求められます。

証券アナリスト

証券アナリストは、証券投資の分野において高度な専門知識と分析技術を応用し、各種情報の分析と投資価値の評価を行っており、投資助言や投資管理サービスを提供するプロフェッショナルである。金融機関や事業会社の財務・IR部門など活躍の場も広いです。

アクチュアリー

保険会社や信託銀行などで、毎月の保険料の算定を始め、保険や年金にかかる数理的に従事する専門家。今後ますます活動の幅は広がるものと思われる。国際的にも認められている高度な資格で、金融、保険業界で注目されている。

不動産業界の転職に有利な資格

不動産業界では取引に関するルールが詳細に定められているため、専門的な知識が必要です。不動産業界へ転職するにあたって、持っていると有利な資格について紹介します。

宅地建物取引士

管理業務主任者

不動産鑑定士

IT業界の転職に有利な資格

一口にIT業界といっても、その職種はさまざまで、資格にも多くの種類があります。ここでは、IT業界へ転職するにあたって、持っていると有利な資格について5つ紹介します。
最初の3つは難易度高めですが年収UPが期待できます。あとの2つはしっかり基礎を押さえておきたい方にオススメです。

PMP

ITストラテジスト

AWS・Azure・GCPの認定資格

どの業界の転職にも有利な資格

資格のなかには、どの業界の転職にも有利な資格があります。ここでは、あらゆる業界から評価される資格を紹介します。

TOEIC・TOFEL

MBA

中小企業診断士

社会保険労務士

公認会計士

税理士

資格取得についてのまとめ

資格を所有をしていることは、自分のキャリアアップにとても役に立ちます。もし今後「年収を上げたい」・「もっと責任度が高い仕事をしたい」・「その業界のプロになりたい」と思った時は、転職で仕事探しをするだけでなく資格取得をして自分の知識をアップグレードさせるのも一つの手段なのかもしれません。