【会社設立の必要費用】会社は、30万円あれば設立できる

【会社設立の必要費用】会社は、30万円あれば設立できる

昔に比べて電子認証ができるようになったたり、最低資本金の規制が廃止されて資本金1円が認められてことにしたことにより会社設立のための費用も少なくて済むようになりました。

現在会社設立する際にかかるお金としては

・定款印紙および認証手数料90000円(電子認証にすれば印紙代4万円は不要)
・登記150000円〜
・印鑑代10000円
・登記事項証明書代など 1650円〜2700円

約26万円かかります。

また、これらの費用だけでなく交通費や通信費、事務用品などの雑費がかかり自分で全部手続きする場合でも30万円くらいは、必要になります。

定款の電子認証なら収入印紙代が節約できる

公証人役場で定款の電子認証サービスを受けることができます。電子認証サービスを利用すると、定款は電子ファイルでのみ保存され「文書」に該当しないので、印紙税の課税対象外隣、収入印紙は、不要です。ただ、40000円の収入印紙代は節約できますが、自分で電子認証をするとなると初期費用がかなりかかるので、司法書士に依頼するのも一つの手です。

プロに依頼して電子定款にした場合

専門家に依頼する場合じゃ、その手数料も必要になってきます。全部を依頼すると司法書士報酬が約10〜15万円かかります。ただし、電子定款に対応している司法書士に依頼すると定款の印紙代40000円が不要になるので、自分で作る場合に比べ6万〜11万程度のプラスで収まります。

会社設立に必要な費用

定款の認証

手続き場所▶︎公証人役場

  • 印紙代 40000円(電子定款の場合は、不要)
  • 定款認証手数料 50000円
  • 定款の謄本交付 一枚250円

登記

手続き場所▶︎法務局

  • 登録免許税 150000円

その他

手続き場所▶︎法務局

  • 登記事項全部証明書 1200円〜1800円(1通600円2〜3枚とる)
  • 代表者(法人)の印鑑証明書 450円〜900円(1通450円1〜2枚とる)
  • 法人の印鑑作成 10000円〜50000円(詳しくは、会社の実印についてを参照)

※それ以外にも交通費・通信費・雑費など

合計金額 約300,000円〜

司法書士に依頼した場合

手続き場所▶︎司法書士事務所

+10万円〜15万円(電子定款にすると4万円は、不要になる)

まとめ

会社を作りたいと思った時に手続きに30万近くがどうしてもかかります。さらにここに資本金をどれぐらい入れるかなどもあると思います。ただ、言ってしまば30万円あれば誰でも会社を作ることは、できるということです。会社を作りたいと思ったらまずは、必ず手続きにかかる30万を用意することが重要かもしれませんね。

電子定款で4万円節約したい人!お家で簡単会社設立をしたいのならマネーフォワードを使ってみてください。フォームに入力するだけで簡単に会社設立の準備をすることができます。ちなみに私も利用して会社設立の準備をしました。▶︎▶︎▶︎電子定款で印紙代を4万円節約 マネーフォワード 会社設立 ◀︎◀︎◀︎

起業カテゴリの最新記事