事業で成功を得るには、強い気持ちが成功の元!

事業で成功を得るには、強い気持ちが成功の元!

会社を設立する動機は、人それぞれです。

「経済的な自由を手に入れたい」
「リストラされてしまった」
「自分の能力をもっと発揮したい」

会社を設立する動機が、どんな動機だとしても「苦労せずに大成功」は、ないのが現実です。苦労をしてでも成し遂げたいことがあるという強い気持ちが、起業する際には、大切です。

それも含めて、これから起業を考えている人は、以下のことを意識してみてください。

ビジネスのやり方を冷静に考える

まだ会社に勤務している人やまだどんなことをやろうか迷っている人は、「何がなんでも会社設立」と勢いだけで判断するのでなく、自分にあったやり方を考えてあげるのが大切です。事業を始める場合は、会社設立するだけでなく、最初は、副業という形で個人事業を開始する方法などもあります。また、会社を設立して週末だけ起業家となる選択肢もあります。今は、会社設立するには、お金はそこまでかかりません。しかし失敗するとお金だけでなく費やした時間が無駄になってしまうので、起業する前に冷静に考えてみるのも大切です。

時には、思い切った決断も大切

何も考えずに事業を始めるのは、問題ですが、考えすぎて行動に踏み出せなかったら意味がありません。ある程度の自信がついて、よしやってみようと思ったら思い切ってやってみるのも大切です。実際やってみることで、気づくこともたくさんあります。

思い通りに行かなくて当たり前

事業は、準備段階から想定外のこともたくさん起こります。そのような時でも全て自己責任で意思決定をしていかなければなりません。事業をやってうなくいかないこともあるし、人間関係でうまくいかなくなるときもあります。それでもそのような問題に向き合う必要があります。何か問題が起きても心が折れるのでなく、問題が起きても向き合い解決していく心の強さが必要です。

まとめ

創業するということは、自分の決めたことをやり遂げていく覚悟が必要です。創業したら様々な問題も起こりますが、創業した分自分の想いを叶えていく強い気持ちがあれば、大きい結果を得ることもできます。もし、自分が創業する意志が強いのか確認したい場合は、下記の「創業の意志の確認チェック表」を利用して、創業準備に役立ててください。

「創業の意志の確認チェック表」

ワンポイントアドバイス

サラリーマンと起業家の基本的なライフスタイルは違うので、その違いを理解した上で、起業をする決意しましょう。

お金のこと

サラリーマン

<サラリーマン> 毎月一定の金額が一定の時期に入る。支出も予測可能。

起業家

<起業家> 事業の成果に左右される。現金が入る時期は一定ではない。家計費は予測可能だが、事業資金が急に必要になったら個人資金を出さないといけないこともある。事業と家計の両方のやり繰りを考える必要がある。

帰宅時間や休日のこと

サラリーマン

<サラリーマン> 休日出勤もあるが、休みはある程度とることができる。

起業家

<起業家> 土日など関係なく自分で休みを設定する。仕事優先で休みが取れないこともある。

起業カテゴリの最新記事